介護業をはじめるなら|やさしい手のフランチャイズ事業を利用しよう

介護のフランチャイズなら

信頼と実績も抜群です

介護士とシニア

やさしい手は平成5年に設立された居宅介護事業を行う会社です。
介護を必要とする方が豊かで穏やかな暮らしが送れる様にとの思いから、訪問介護や訪問入浴介護、デイサービス、ショートステイなどあらゆる居宅介護事業を展開しています。
その様なやさしい手では自社によるサービスの提供だけでは無く、フランチャイズによる居宅介護事業の展開も行なっており、独立開業に向けた支援も行なっています。
平成28年時点でフランチャイズ加盟社数は39社にのぼり、事業所の数は130ヶ所を超えるなど業界でも屈指の規模を誇り、北は北海道、南は沖縄まで全国各地を網羅している状況です。
全国各地にフランチャイズのネットワークがある為、異業種からの参入を検討している方も一から土台を作る必要が無いので、安心してフランチャイズ経営を行う事が出来ると言えるでしょう。
もちろん、やさしい手では単にフランチャイズ契約を結ぶだけでなく、各種コンサルティングも行なっているので事業開始後のサポート体制も万全です。
様々な業界では市場が縮小傾向にありますが、少子高齢化を迎えている日本においては介護事業は今後も見通しの良い分野であると言えます。
加えて、介護事業は社会性も強い分野となっている為、事業としても社会貢献に繋がりますし、やり甲斐も抜群です。
今ある既存の事業に行き詰まりを感じている事業者の方はやさしい手のフランチャイズ加盟を検討してみるのが良いでしょう。

低料金で充実したサポート

女性

介護サービス事業に参入するには行政に認可を受けなくてはいけません。
また売上は利用者と国保連から支払われる為、一般の会社とは違う事務処理が必要となります。
その為ほとんどの人がフランチャイズに加盟して事業を始めています。
フランチャイズに加盟するには加盟金とロイヤリティが必要です。
訪問介護や通所介護の場合、加盟金は200万円〜400万円、ロイヤリティは売上の5〜10%が相場です。
中にはロイヤリティを固定額制にしているところもあります。
フランチャイズに加盟する時には費用に主に目がいくという人も多いのですが、費用対効果をしっかり考えてから加盟した方が良いでしょう。
加盟金やロイヤリティが安くてサポートもしっかりしてもらえると人気なのがやさしい手です。
やさしい手の加盟金は200万円、ロイヤリティは5%で介護フランチャイズの中でも低料金ですが、開業計画から開業後の収支予想、運営や営業などに関してのサポート体制が充実しています。
運営を開始してから日常業務や人材育成に対して丁寧に相談対応しているので、顧客からの評判が良く利用者が増える要因になっています。
また介護業界では人材不足で悩んでいるところが多いのですが、やさしい手は以前看護師などの派遣業務を行っていた為、人材確保や育成のノウハウを持っています。
人手不足に悩まずにすみ、利用者に対して十分なケアを行うことができます。
やさしい手では介護サービスに対して知識がない人でも参入しやすいようにと、介護業界についてわかりやすく説明したセミナーも行っている他、電話説明や訪問説明も行っています。

豊富なノウハウがポイント

介護士とシニア

介護ビジネスは高齢化社会における成長産業のひとつとして注目されていますが、健康に問題を抱えた高齢者を顧客にすることが多く、運営には独自のノウハウが求められます。
フランチャイズへの加入は、介護ビジネスへの参入のハードルを下げる有力な方法といえます。
全国に多数の店舗を展開するやさしい手は、通所介護・訪問介護・サービスつき高齢者向き住宅の3部門でフランチャイズ事業を行っています。
やさしい手は看護婦や家政婦の派遣業を50年以上も続けていた会社が元になっており、介護サービスに関しても豊富な経験を有しています。
そのため局面に応じて適切なサポートやアドバイスを受けることができます。
介護ビジネスを始めるには指定業者の申請を行わねばならず、開業後も介護報酬請求など面倒な手続きが必要です。
やさしい手のスタッフは業界の情報に精通していて、問題発生時にもスムーズな対応が可能です。
未経験者が介護サービスを提供するとき、やはり気になるのは運営上のノウハウでしょう。
やさしい手では講義だけでなく実地研修も含めて、充実した各種研修制度が整っており、早期に事業を軌道に乗せられるシステムになっています。
サービスつき高齢者向け住宅については、サブリースの形で空室リスクを回避する運営形態が提供されています。
不動産オーナーでリスクの低い収益事業に関心がある方は、やさしい手のフランチャイズ本部に問い合わせてみるとよいでしょう。