介護業をはじめるなら|やさしい手のフランチャイズ事業を利用しよう

予備知識ゼロでも大丈夫

充実のサポート体制が魅力

介護士とシニア

介護事業のフランチャイズ大手の1つである、やさしい手では開業に向けた様々なサポートを行なっています。
異業種からの参入企業の数も多く、事前の予備知識や経験などが無くてもフランチャイズ契約を結ぶ事が出来ます。
まず、やさしい手へのフランチャイズ加入の第一歩となるのが、個別に行われている説明会への参加です。
毎週月曜から金曜日まで随時個別に行われており、事業概要やサポート体制に関する説明を受ける事が出来ます。
説明を受けた後、事業内容に賛同するという場合にはフランチャイズ契約を結び、事業開始に向けた準備を行なっていく事となります。
事業開始までには行政への手続きや医療機関との連携など超えなければ行けないハードルが数多くありますが、それらの事務手続きもしっかりとやさしい手側がサポートをしてくれるので安心です。
また、実際に事業を展開して行く上で欠かせない人材の確保に関してもやさしい手がこれまで培って来たノウハウをもとに採用、教育を行う事が出来るので、全く採用にツテがないという方も不安を感じる必要はありません。
なお、実際に事業を開始してやさしい手のサポートは終わりという訳では無く、事業開始後も各種課題解決に向けたコンサルティングが適宜行われて行きます。
常に頼れるパートナーが側に居てくれるという安心感があるのでオペレーション面や人材面など課題に直面した際にも落ち着いて対処をする事が出来ます。
介護事業への参入を検討なら頼れるパートナーとなるやさしい手が最適です。

信頼性と加盟料を比較検討

模型

新規事業を起ち上げる現場において注目されているのが介護フランチャイズです。
高齢者向けの介護事業はますます需要が増大し、介護事業に参入する企業が増えています。
個人で介護事業を起ち上げる場合に便利なのが、介護フランチャイズです。
介護フランチャイズはたくさんありますが、最も有名なのが「やさしい手」です。
日本全国で介護事業を展開しており、様々なセミナーを開催しているので、介護フランチャイズに加盟する時には、このようなセミナーを開催している所を選ぶのも1つの方法です。
セミナーを開くというのはそれだけ介護事業に熱心に取り組んでいる証拠で有り、信頼と実績があるからです。
新規に起ち上げるなら「やさしい手」はおすすめです。
また介護フランチャイズを探す場合に大切なのは加盟料です。
フランチャイズによって金額が違ってくるので、比較検討する必要があります。
「やさしい手」の加盟料は税別で200万円となっていて、他のフランチャイズと比較しても低料金になっており、起業しやすくなっています。
介護業界は政府の対策の遅れもあって法律改正がしばしば行われるので、常にそれに対応できるフランチャイズを選ぶ必要があり、そのためには長い経営実績があるフランチャイズを選んだ方が安心です。
「やさしい手」は1995年の創業で、介護業界の先駆けとも言える歴史があります。
初めて介護業界で事業を起ち上げるには、最もふさわしいフランチャイズの1つです。

フランチャイズならできる

食事

独立を考えている人は、今の日本では介護事業、高齢者向けのサービスに魅力を感じるのではないでしょうか。
高齢化が進む日本では、介護事業や高齢者向けサービスは、これからますます需要が増えてくると誰でもわかることでしょう。
この状況から、介護事業や高齢者向けサービスは、多くの人にビジネスチャンスを与えてくれます。
しかし、初め事業をするといった人では、何をしていいのかと分からないものです。
介護施設で働いていた人でも、経営となると全く分からない人もいるでしょう。
そんな人に最適なのがフランチャイズへの加盟です。
介護事業でのフランチャイズは最近増えていて、事業に必要なノウハウを学びながら事業をすることができます。
初めて事業をするといった人でも安心です。
この介護事業でのフランチャイズ事業をしているのが「やさしい手」です。
サービス付き高齢者向け住宅を提供するサービスをしています。
フランチャイズに加盟すれば、不動産業者や建設会社なども紹介してもらえますし、スタッフの採用から研修制度もあります。
開業に必要な手続きのアドバイス、周辺の医療機関との連携を構築してくれるなど、安心して事業が始められるサポート体制が万全です。
やさしい手では、開業後も定期的に訪問してくれ、業務や人材マネジメントのサポートもしてくれます。
フランチャイズのメリットは、やさしい手のように全く経験がない人でも事業ができるようにサポートを受けられることです。
介護事業をしたいと考えている人は、やさしい手のようにサポート体制が整ったフランチャイズから始めてみることをおすすめします。